JavaScriptが非対応になっています。
Loading...
アイコン

お正月記念・「すごろく面白ゼミナール」の内容を公開

2019/01/02

Works_その他パズル,コラム

先日(2018/10/30)双六とクイズを色々に合体させた「すごろっクイズ」というクイズイベントを開催しました。

その際に「すごろく面白ゼミナール」というコーナーを開催。
こちらはクイズではなく、すごろくにまつわる色々な話を、僕が登壇してあーだこーだ語るという、いわば講義のお時間。
ただ「思ってたより、面白かった!」の声が多くて、準備した側としては嬉しい限り。

で、せっかくのお正月なので、その内容を公開しちゃおうかなあと。

これを読むと、すごろくがもっと好きになる!?

興味を持たれた方は、今度のイベントにも是非お越しくださいませ。あるいは、お声かけて頂ければ、出張・出前もいたしますよ!



というわけで、まずはどれだけ双六にあふれているのか、この数か月で目にした様々な双六を紹介。
それも「最初から双六ゲーム」ではなく、「双六がプラスされているもの」で。

ね、色々あるでしょ? さらには……

なんでこんな地元(浜松)の施設を紹介したのかというと……

そして、そもそも双六といったら、子供の遊びでもあります。
じゃあ、最近の子供向けの双六ってあるんだろうか?
そうだ! 「子供向けの雑誌」の付録に注目してみよう!!

「付録にガシャポンがついてる!」とSNSでちょっと話題になった『幼稚園』でしたが、そのガシャポンの用途は実は「双六のサイコロの代わり」だったんです!
(モチーフは現在放映の「仮面ライダージオウ」。これは歴代の仮面ライダーに変身できる能力を持っており、ガシャポンにはその歴代ライダーが出てくる。サイコロを振る代わりに、もっとも近くの先にある該当するライダーのマスヘジャンプするという双六なんです)

そして、話はまったく違う、最近の話題に。

いやあ、よくテレビ番組で「偶然歩いて発見!」とかを見ると「いやいやいや」とか思うんですが、これは本当に偶然。
たまたま(この日行きたかった東京駅でのイベントがドタキャンとなり)、折角だからと皇居やら日本武道館やら、東京観光(笑)。そして疲れたので、休憩がてら立ち寄ったのが九段下にあった建物。
中に入って「双六」のガチャガチャがあったとき、さすがに「僕は双六の神様に導かれているのでは?」と思っちゃいました。

そして、イベント当日は、このガチャガチャで引いた、昭和初期の双六を会場に持ち込んで、自由に見て頂きました。

そもそも双六とは何だろう?
こういうのは、原点にかえる必要があります。

この2番目のが、今日の現代日本で我々が「すごろく」と聞いたときに浮かびやすい「双六」。
では、1番目のは何だろう?

これを作る際に
「そういえば、バックギャモンってよく知らないなあ。ちゃんと学びたいなあ」
と思っていたら、
・ラジオ(After 6 ジャンクション)で「バックギャモン」の特集が行われて、世界チャンピオンによるトークが繰り広げられる。
・別件でゲームマーケットという即売会に行ったら、バックギャモンが展示されていて、そのチャンピオンまで来ていた。
・さらに別件で、清澄白河の駅周辺を歩いていたら、偶然ボードゲームカフェを見つけて、バックギャモンをプレイさせて頂く。

などなど、異様にバックギャモンと触れる機会が急増したのでありました。
やっぱり、双六の神様がいらっしゃるのかもしれない。

閑話休題。
江戸時代よりも昔に「双六」と呼ばれていたのは、こっちの「盤双六」でありました。
「平家物語」で、白河上皇が「双六の賽(サイコロ)は思い通りにならない」という場面がありますが、この双六とはバックギャモンのような「盤双六」なんですね。
さて、それよりも前の時代の書物にも「双六」という表記が出てくるものがあるのですが、この書物は何でしょうか?

なんと「日本書紀」でした。今から1300年も昔です。

さて、では先程の辞書でいう2つ目の意味についても、じっくりと見ていきます。

どちらかというと、我々がイメージする「双六」とは「回り双六」なんです。じゃあ「飛び双六」ってどんなの?

マス目の順序をサイコロの数字分進むのではなく、マス目に「次に◯が出たら◯◯のマスへ行け」のような双六。
(バラエティ番組好きな人には「水曜どうでしょう」の「スゴロクの旅」といった方が通じやすいかな?)

これこそが「飛び双六」なんです。

いやあ、これを読んだとき、「なんで(東京にいて)1の目なのに、名古屋か京都に行けるの?」と長年疑問だったんです。
でも、数字通りに進むのではなく、「東京 1が出たら名古屋か京都へ行く(略)」のような指示がある「飛び双六」だとすればすごく納得。

そして、

リハーサルでこのスライドを出した時、友人からコメントあり。
『幼稚園』の付録ってことは、まだ「数」の概念がない子供向けかもしれない。
だから、サイコロの数字を数える必要がある「回り双六」ではなく、出目(ガシャポン)のイラストのマスに飛ぶ「飛び双六」なのかも。

なるほどー。これは深い分析。

一応、まとめ。
ただ、白黒はっきり分かれるのでなく両方の要素を持つ双六もあるし、名称もこの呼び名が絶対というわけでもないだろうし、これは試験には出ません(笑)。

他にも、さらに「飛び双六のマスを鑑賞する」といったコーナーもありましたが、すべてを出しちゃうと当日参加されたかたに申し訳ないので、ここまでで。

こういう「テーマのあるクイズイベント」において、「そのテーマに関する面白情報の ゼミナール 」というのは、競うクイズ・遊ぶクイズとはまた違いますけど、楽しみの一つでもあるように感じます。

双六とクイズの相性はとてもよいので、また今年2019年も色々な「すごろっクイズ」を行いたいと思います。
(あるいは、またこういうゼミナールをカルチャースクールっぽく開きたいなあ)

カテゴリー